安倍晋三氏が、日本の国益を最も損ねている。

唐突な問いかけですが、

皆さんは、誰かを威嚇したことがありますでしょうか?

この威嚇するという行為は、

人間以外の動物においては、しばしば見られますが、

人間同士が互いに、直接威嚇し合うという場面は、

私の記憶にはありません。

動物同士であれば、

本能がなすままに威嚇することはあっても、

理性のある人間同士が、なりふり構わず、

自らの身を挺して威嚇し合うことは、

尋常な精神状態にあるとは、とても考えられません。

ところが、

理性があるはずの人間であっても、

軍事兵器を所持し、戦争ともなれば、

互いに威嚇しあうだけでは済まずに、

殺し合いに発展する場合でさえあります。

戦争は、完全に理性を失った動物以下の行為です。

現在、北朝鮮によって、大陸間弾道弾の

ミサイル実験が行われていますが、

これは、米国を敵国と想定して行われているものであり、

我が国を対象としたものではありません。

これまでも、北朝鮮のが、

日本の排他的経済水域内に着弾したことも

ありましたが、

これは、我が国に対する威嚇行為ではありません。

もし、北朝鮮が、

我が国を敵国と考えて、威嚇しようとしているのならば、

既に、そのような声明が行われていますが、

現時点では、そのような声明はありませんし、

北朝鮮は、米国本土を標的にしていると明言しています。

現状においても、

北朝鮮のが、日本のに着弾しており、

日本人が被害に遭う危険性はありますが、

今よりもさらに危険な、

北朝鮮から敵国として扱われて、狙われるようになる

ことだけは、何としても避けなければ、なりません。

安倍晋三氏が、

朝鮮半島の上空を、米軍の爆撃機とともに、

航空自衛隊の戦闘機を飛行させて、北朝鮮を威嚇する行為は、

我が国の方から先に、北朝鮮を威嚇する行為です。

安倍晋三氏は、

売られてもいない喧嘩戦争を、

わざわざ北朝鮮まで、自ら率先して買いに行こうとしており、

これ以上の愚かな行為は、ありません。

安倍晋三氏が進めようとしている積極的平和主義とは、

売られてもいない戦争を、自ら進んで買いに行くための

大義名分であり、国民を騙すための道具です。

安倍晋三氏は、

人類が第1に進めなければならない、

核兵器の廃絶にさえも、反対の意向を示しており、

さらに、核兵器による先制攻撃をも、容認しています。

日本は、唯一の被爆国であり、

広島や長崎の平和記念式典の際には、

安倍晋三氏も、

2度と核兵器が使用されてはならないとの

平和への誓いを述べていますが、

本心では、核兵器が戦争の抑止力になると、

真逆のことを考えながら、大ウソをついています。

さて、動物同士の威嚇の場合でも自明のことですが、

威嚇は、多くの場合、

威嚇だけでは済まずに争いに発展します。

人間同士が、軍事兵器を以って威嚇し合った場合、

兵器が強力であればあるほど、

有事になれば、被害はより深刻になります。

ましては、集団で威嚇し合う集団的自衛権が、

適用された場合には、

さらに、被害の規模は、比較にならないほど

甚大なものになることが容易に想像できます。

我が国が、

安倍晋三氏主導の下で、このまま

積極的平和主義や集団的自衛権を振りかざし、

さらには、憲法改悪や、軍事力の増強の道を突き進み、

周辺諸国や、米国の仮想敵国に対する威嚇行為等を

行ってゆけば、どのような未来が待ち構えているかを

国民の皆様方に、

真剣に考えていただきたいと思います。

最後に、付け加えさせていただけば、

このまま、少子高齢化や過疎化、人口減少問題等に対して

一切尽力しようとしない安倍晋三氏が首相を続けていると、

どのような事態が起こるか、

カジノ新設の経済効果がどの程度のものか、

逆に、カジノによる負の効果がどの程度のものかについても、

真剣に考えていただきたいと思います。