21世紀の人間学もりのくまさんの言葉39

いつも、もりのくまさんの言葉をお読み下さってありがとうございます。

わたしがもりのくまさんの言葉を発信するのは、

もりのくまさんの言葉が21世紀の新しい哲学だと信じてるからです。

それをあなたにお伝えしたいこのコンセプトを持って綴っています。

もりのくまさんの言葉は一杯ありますが、その中からわたしが学んだ順に選んだ言葉を発信しています。

お断わりもりのくまさんの言葉は師の言葉を未熟なまだ学びの身である私が聞いた範囲で言葉にしましたから多少私の誤解があるかも知れないし聞き漏らしてることも一杯有るかも知れません。そのつもりで読んで頂くと幸いです。

21世紀の人間学

もりのくまさんの言葉39

三つのち

時代。土地。血統。常識の中核を成す

時代時期時代の考え方知識

土地習慣気候、風土に影響された考え方

血統家の考え方反面教師

体験するため

大きく花開かせるために、この条件を選んで生まれてくる。

宿命生まれ持ってきた条件のことを言う。

こういう体験をしょうとして持ってきたもの。

運命人間が何をしにきたか。

運運ぶもの。命そのものの本質。

自分がどのように、その命を使うか。

運命を自分で整えようと勉強している。

何をするために

使命を生きるため自分の目的を生きるため

初めは肉体的な命の使い方を考える。

真剣に思いっきりすることが大事。思いを切る為に。

真剣に命を使うところを選んでする。

生まれてきた条件をどのように命に使うか。

情報を理解する。

受け入れ、認識して受け入れて

起きて来た来る出来事はこういうベースがあるという事。

2009年9月27日広島ワンネス会談

今のこすもは

体験するため

大きく花開かせるために、この条件を選んで生まれてくる。

自分の人生を振りかえってみると、三つのちが見事に人生に彩られている。

苦しく納得いかなかったことが、必要条件だった。

師に教えられた学びによって解き明かされた真実を有り難く受け入れた。

ゆっくり味わう感動する言葉の世界が広がります。

師のブログ

もりのくまさんのブログ神秘と驚異の心の旅学びの糧です。

このブログで

新しい生き方を目指したい方のための講座が始まりました。

古い生き方から新しい生き方を目指して集った人たちへ

講座が更新されました。

初級講座8回目レジメ

新しい生き方を考える初級講座

物から心に、そして魂へ

2013年11月24日岡県都窪郡早島町中央公民館於

人間が刻んだ足跡2創造物