数学の超難問予想を証明した京都大学の望

数学の超難問予想を証明した京都大学望月新一教授の経歴を調べてみたら、5歳からアメリカのニューヨークで育ち、16歳で名門のプリンストン大学に進学し19歳で大学を次席で卒業、23歳で博士課程を修了という、飛び級しまくりの天才だった日本の教育は中学時代に1年しか受けてない。